忙しい時期と暇な時期の差が大きい
税理士試験 資格|はじめて学ぶ税理士試験 税理士試験・資格の初心者ガイド
税理士資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ税理士試験で!
ホーム > 税理士事務所の実務 > 忙しい時期と暇な時期

恐怖の確定申告と暇な時期

入社して1月後ぐらいには自分の担当するお客さんが割り当てられます。
その件数は約20件でした。他の事務所では最初は10件程度という話が多かったので
少し驚きました。

最初の数ヶ月は勉強の日々かと思っていました。証券会社に勤める同期は、
半年間は学校と変わらないくらい毎日講義だったたので、いきなり実践!?て感じでした。
仕事をしながら覚えるというのが方針だそうです。お客さんにしたら迷惑な話ですが。

当然、最初は上司も一緒について来てくれるので安心です。

担当するお客さんはだんだん増えていきますが、40件近くになってくると、時間が足りなくなってきました。

税理士の仕事は、一人の力では限界があります。
一人だと単純な作業に時間を削られるからです。
しかも、この単純な作業が非常に多いのです。

パートやバイトを上手に使わないと、税理士で独立して稼ぐのは難しいというのが実感です。

ちなみに、私が働いていた事務所は忙しい時期は日を越えます。
どこでも同じなのかな?

冬から春が非常に忙しく、夏は落ちつく感じでしょうか。


スポンサードリンク

税理士事務所のお仕事
税理士事務所の就職活動
忙しい時期と暇な時期
数字を正しい場所へ当てはめていくパズル
お客さんとのお話が大部分
就職活動について
お金は大事だよー
経営者と直接お話ができる仕事

Copyright (c) 2005-2008 はじめて学ぶ資格試験 All Rights Reserved. プライバシーポリシー