今はパソコンのボタンひとつで税金が計算されます。
税理士試験 資格|はじめて学ぶ税理士試験 税理士試験・資格の初心者ガイド
税理士資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ税理士試験で!
ホーム > 税理士事務所の実務 > 数字を正しい場所へ当てはめていくパズル

税理士事務所のIT化

「資格がなくても基本的な実務はできる。」

多くの会計事務所ではTKC(会計事務所と地方公共団体の2つの分野に専門特化した情報サービス)の財務会計システムを導入しています。これにより、法人の決算まで自動計算で処理ができる仕組みになっています。

簿記の学習では仕訳を起こし、元帳、試算表まで手書きで作成していきます。
しかし、実務では仕訳をパソコンへ入力するだけで元帳から試算表まで自動で
作成
されてしまいます。

すでに会計ソフト(弥生会計とかソリマチとか)を使ったことがある人には普通のこと
ですが、会計ソフトの存在を知らない人にとっては衝撃的です。

簿記の仕組みを知らなくても、試算表までは誰にでも簡単に作れる時代なんですね。
でも中には手書きで綺麗な元帳を作成している税理士さんもいらっしゃいました。
が、手書きで元帳を作成する税理士さんは稀です。

税金の計算は、数字を正しい場所へ当てはめていくパズルのようです。


スポンサードリンク

税理士事務所のお仕事
税理士事務所の就職活動
忙しい時期と暇な時期
数字を正しい場所へ当てはめていくパズル
お客さんとのお話が大部分
就職活動について
お金は大事だよー
経営者と直接お話ができる仕事

Copyright (c) 2005-2008 はじめて学ぶ資格試験 All Rights Reserved. プライバシーポリシー