事務所で作業する時間は意外に少ない。
税理士試験 資格|はじめて学ぶ税理士試験 税理士試験・資格の初心者ガイド
税理士資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ税理士試験で!
ホーム > 税理士事務所の実務 > お客さん訪問が日課。

日々の業務は帳簿のチェクとお客さんとお話

税理士の基本的な仕事は毎月、お客さんの会社や自宅への訪問です。
訪問といっても、営業や勧誘ではありません。帳簿のチェックです。

会社を営む場合、経理の方が毎日取引の記録を帳簿につけていきます。
中には事業主さん自身が帳簿付けしている場合もあります。

会計・税理士事務所での毎月の基本的な仕事はこの取引記録が税務的に問題がない
かのチェックです。領収書、請求書など大量の証票書類の中身を確認します。
綺麗に整理してくださる方もいれば、まったく整理されない方もいます。

それらを全て帳簿と照らし合わせて、問題がないかを確認していくわけです。
大量の数字を見るので眠気がくる場合もあります。
また、数字が1円でも合わない場合、それを合わせるだけで時間がかかります。

もちろん、帳簿のチェックのためにお客さんはお金を払ってくださいるわけではないので
節税などの税務相談から社会保険に関わる相談、相続税に関する相談まで
さまざまな相談に対応しなければなりません。

前例のない事が沢山起こります。社会が複雑になったからでしょうか。
自分の未熟さでお客さんを怒らせてしまうこともありました。
法律は毎年変わるので、常に学習するという気持ちが必要です。

意外かもしれませんが、会計事務所で働くとこのように「出張、出張の毎日」です。
事務所での単純な事務はパートやバイトが行うのが普通です。


スポンサードリンク

税理士事務所のお仕事
税理士事務所の就職活動
忙しい時期と暇な時期
数字を正しい場所へ当てはめていくパズル
お客さんとのお話が大部分
就職活動について
お金は大事だよー
経営者と直接お話ができる仕事

Copyright (c) 2005-2008 はじめて学ぶ資格試験 All Rights Reserved. プライバシーポリシー