銀行から借り入れして、どれくらいのレバレッジを生み出せる?
税理士試験 資格|はじめて学ぶ税理士試験 税理士試験・資格の初心者ガイド
税理士資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ税理士試験で!
ホーム > 税理士事務所の実務 > お金は大事だよー

決算書を読む

役員報酬・専従者給与を黒字になるぎりぎりまでとり、節税対策をしています。

会社のお金の多くを役員報酬でとっているので、個人にはお金が残り、年収が1,000万円を超える社長さんはたくさんいます。しかし、この場合は会社にはお金が残らないため、役員報酬の中からいくらかは内部留保しておく必要があります。

そしてそのお金で再投資をして、利益を増やしていくというのが中小企業の基本的なありかただと思っています。

ところが、役員報酬1,000万円がサラリーマンの1,000万円と同じと勘違いしている方が多く、全て生活費や趣味の高級車に使ってしまい、会社のお金は銀行からの借入れで運用してしまう人がいます。

「また車買ったんですか!?」

さらに困った場合は、計画もなく借入れをしてしまう場合です。借入れの最大のポイントはレバレッジ効果を生み出すことにあるはずです。元金に対して何パーセントの利回りが期待できるかを計画して借りるべきなのです。

銀行からお金を借りるというのは一番楽にお金を手に入れる方法です。しかし、この借入れに頼りすぎると、借金の返済に追われる会社になってしまいます。

利益がこんなに出てるのか!税金を払うぐらいなら何か大きいものを買え!

税金を払いたくないため、こんな考えの人もいます。思いつきの設備投資をするぐらいなら、税金を払った方が、結果的にはお金が手元に残るはずです。


スポンサードリンク

税理士事務所のお仕事
税理士事務所の就職活動
忙しい時期と暇な時期
数字を正しい場所へ当てはめていくパズル
お客さんとのお話が大部分
就職活動について
お金は大事だよー
経営者と直接お話ができる仕事

Copyright (c) 2005-2008 はじめて学ぶ資格試験 All Rights Reserved. プライバシーポリシー