税理士の仕事とは?
税理士試験 資格|はじめて学ぶ税理士試験 税理士試験・資格の初心者ガイド
税理士資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ税理士試験で!
ホーム > はじめて学ぶ税理士 > 税理士の仕事とは?

税理士の独占業務について

独占業務というのは、税理士にしかできない仕事の事をいいます。
税理士の仕事はこの独占業務を中心に行われます。
独占業務は「税理士法」という法律で以下の通りに定められています。

1)税務代理
納税者の代わりに、税務署等への申告・申請を行うことができます。
また税務調査に立ち会い、納税者の代わりに説明できます。
税務調査は脱税の疑いがあって来ることもあれば、税務処理の確認のために来る事もあります。
私は税務調査官ではないので基準はわかりませんが、3年近く来ていないと「ああ、そろそろ来るかなあ」という感じでしょうか。

2)税務書類の作成
税務署等に提出する税務書類(申告書など)を納税者に代わって作成できます。
税金の計算などは、納税者にとっては複雑で面倒なものです。
なので、納税者はお金を払って税理士に作成を依頼します。
2・3月は個人の確定申告のために、税理士さんは一年で最も忙しい時期になります。

3)税務相談
税金の計算や必要な手続きなど、税務の相談を受ける事も税理士でなければできません。
税務相談から「税務代理」「税務書類の作成」の仕事へと繋がる事が多いです。

他にも4)出廷陳述権の行使というのもありますが、これは少し特殊なものです。

独占業務以外の仕事

税理士は独占業務に付随して、会計業務コンサルティング業務なども行います。

「会計業務」というのは、会計帳簿や財務諸表(決算書など)を作成する事です。
税金を申告する時に、財務諸表も必要になります。
また、帳簿の記帳代行も会計業務といえます。

「コンサルティング業務」というのは、経営に関するアドバイスや税務に関するアドバイスをする事です。決算書の数字を分析して、節税対策や資金繰りなどの助言や、経営計画書の作成を行ったりします。

ほとんど税理士さんが、独占業務以外の業務も行っているはずです。

また、税理士行政書士となる資格もあり、税理士業務に付随して社会保険労務士業務を行うこともできます。

税理士の仕事は、本当に幅広いのです。
その分可能性も大きい職業といえます。

税理士の仕事は「数字合わせ」が非常に多いです。1円でも間違うと、仕事が終わらないので大変です。逆にいえば、「数字合わせ」のようなものが好きな人にとっては、税理士が天職になるかもしれません。


スポンサードリンク

税理士へのはじめの一歩
税理士の仕事は?
税理士と公認会計士の違い
税理士になる方法
税理士の年収は?
行政書士、社労士の業務もできる?

Copyright (c) 2005-2008 はじめて学ぶ資格試験 All Rights Reserved. プライバシーポリシー