税理士と公認会計士の違いについて
税理士試験 資格|はじめて学ぶ税理士試験 税理士試験・資格の初心者ガイド
税理士資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ税理士試験で!
ホーム > はじめて学ぶ税理士 > 税理士と公認会計士の違い

税務と会計監査

税理士と公認会計士の違いは分かりにくいのですが、税理士は「税務の専門」、公認会計士は「会計監査の専門」という違いがあります。
(公認会計士は税理士にもなれます。)

会計監査というのは、企業の公表する財務諸表が正しいかどうかをチェックする事です。
税理士は、税金のプロ。税金の手続きや申告、財務諸表を作る立場になります。

試験の内容も、税理士は税法中心なのに対し、公認会計士はさらに監査論、企業法、経営、経済まで幅広く学びます。

さらに、公認会計士は税理士となる資格を有します。
税理士と公認会計士を兼務するかどうかは人それぞれです。
実際に、公認会計士でも中小企業を中心に顧客をもっている方もいます。

とはいえ、試験の内容からも税務のプロフェッショナルと言えばやはり税理士といえます。


スポンサードリンク

税理士へのはじめの一歩
税理士の仕事は?
税理士と公認会計士の違い
税理士になる方法
税理士の年収は?
行政書士、社労士の業務もできる?

Copyright (c) 2005-2008 はじめて学ぶ資格試験 All Rights Reserved. プライバシーポリシー