税理士名簿への登録の手順を知ろう!
税理士試験 資格|はじめて学ぶ税理士試験 税理士試験・資格の初心者ガイド
税理士資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ税理士試験で!
ホーム > 資格取得後のみちしるべ > 税理士名簿への登録の手順

税理士名簿の登録の手順は「税理士登録・開業の手引き〔日本税理士会連合会〕」で詳細が記載されていますが、簡単にまとめると以下の通りになります。

税理士になる資格があるのか?

税理士試験に合格した人はもちろん資格があります。
税理士試験の合格者以外にも以下の人は税理士となる資格があります。

1)弁護士(弁護士となる資格を有する者を含む。)
2)公認会計士 (公認会計士となる資格を有する者を含む。)

ただし、税理士試験の合格者の場合、登録するためには実務経験を2年以上積まなければなりません。

実務経験が2年以上必要

実務経験が2年以上ない場合は、税理士事務所で働くなど、「租税・会計に関する事務」を経験する必要があります。

雇用形態は、正規の雇用関係があれば正社員でもパートでもバイトでも構いません。
また、税理士試験の合格前、後、どちらでも計算できるようです。
税理士事務所で働きながら、試験に挑戦するのが一番よいかもしれません。

詳しくはこちらにまとめてあります。

税理士名簿へ登録の申請

実務経験の条件をクリアしたらいよいよ税理士名簿への登録を申請します。

税理士名簿の登録を受けるためには、税理士事務所を設けようとする所在地の区域の税理士会へ必要書類を提出しなければなりません。

全国税理士会一覧〔日本税理士会連合会〕

登録申請に必要な主な書類
1. 登録申請書 5通(正本1通・副本3通・税理士会控1通)
2. 登録免許税納付領収証書
3. 写真 3葉
4. 戸籍抄本又は個人事項証明書
5. 住民票の写し(世帯全員のもの)
6. 税理士となる資格を証する書面
7. 在職証明書又は職歴証明書(税務官公署等の退職者)
8. 官公署の証明書(身分証明書等)
9. 誓約書

登録申請に必要な手数料
・登録申請手数料 5万円
・税理士登録免許税 6万円

登録申請をすると調査・審査されます。

税理士登録の申請をすると、税理士会・税務署・市役所などが必要な審査が行われます。

「提出書類の内容は正しいか?」
「税理士試験には合格しているか?」
「実務経験が有効かどうか?」

などが審査されます。
審査の結果が出るまでは約2ヶ月かかり、取下げされる場合もあります。

調査・審査を経た後、登録適当と認められた場合には税理士名簿に登録されるとともに官報に公告されます。 また、登録申請者に対しても登録の通知がなされ、税理士会を経由して税理士証票が交付されます。

税理士登録が無事に通過したら

最後は、税理士会・支部会に入会手続きをして完了です。
入会の手続きは各税理士会へ問い合わせて確認してください。
ここでも入会金などお金がかかります。


スポンサードリンク

今後の予定?
登録しないと税理士にはなれません。
税理士名簿への登録の手順
実務経験はどうする?
開業するのか、就職するのか?

ダブルライセンスをねらう?
税理士と相性のよい資格〔行政書士〕
税理士と相性のよい資格〔社会保険労務士〕
税理士と相性のよい資格〔ファイナンシャルプランナー〕

Copyright (c) 2005-2008 はじめて学ぶ資格試験 All Rights Reserved. プライバシーポリシー