税理士になるための、実務経験について
税理士試験 資格|はじめて学ぶ税理士試験 税理士試験・資格の初心者ガイド
税理士資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ税理士試験で!
ホーム > 資格取得後のみちしるべ > 実務経験はどうする?

実務経験が2年以上必要

税理士試験に合格し、税理士の登録をしようと思っても、実務経験が2年以上ない場合は、税理士事務所で働くなど、「租税・会計に関する事務」を経験する必要があります。

雇用形態は、正規の雇用関係があれば正社員でもパートでもバイトでも構いません。
また、税理士試験の合格前、後、どちらでも計算できるようです。
税理士事務所で働きながら、試験に挑戦するのが一番よいかもしれません。

具体的には以下のものが実務経験として認められます。

1)租税に関する事務
税務管公署における事務のほかのその他の管公署及び会社等における税務に関する事務

2)会計に関する事務で政令で定めるもの
・簿記上の取引について簿記の原則に従い取引仕分けを行う事務
・仕訳帳等から各勘定への転記事務
・元帳を整理し、日計表又は月計表を作成して、その記録の正否を判断する事務
・決算手続に関する事務
・財務諸表の作成に関する事務
・帳簿組織を立案し、又は原始記録と帳簿記入の事項とを照合点検する事務

3)特別な判断を要しない機械的事務
簿記会計に関する知識がなくともできる単純な事務をいい、電子計算機を使用して行う単純な入出力事務もこれに含まれる。

今の職場が当てはまるかもしれませんし、以前の職場が当てはまるかもしれません。
認められる範囲は広いので、よく確認してみましょう。


スポンサードリンク

今後の予定?
登録しないと税理士にはなれません。
税理士名簿への登録の手順
実務経験はどうする?
開業するのか、就職するのか?

ダブルライセンスをねらう?
税理士と相性のよい資格〔行政書士〕
税理士と相性のよい資格〔社会保険労務士〕
税理士と相性のよい資格〔ファイナンシャルプランナー〕

Copyright (c) 2005-2008 はじめて学ぶ資格試験 All Rights Reserved. プライバシーポリシー