税理士と相性のよい資格をチェック〔社会保険労務士〕
税理士試験 資格|はじめて学ぶ税理士試験 税理士試験・資格の初心者ガイド
税理士資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ税理士試験で!
ホーム > 資格取得後のみちしるべ > 税理士と相性のよい資格〔社会保険労務士〕

社会保険労務士

社労士も、税理士の保有率の高い資格です。

社会保険労務士の仕事で中心とされているのは、社会保険・労働保険の加入手続きや厚生年金保険の月額算定基礎届け、月額変更届け、などの事務手続きの代行だと思います。
(個人的な主観ですが)

しかし、最近は国民の関心が社会保障に向いているので、年金セミナーを行ったり、コンサルタントとして雇う中小企業が増えているのかもしれません。

このように社会保険労務士の仕事は、人事労務管理、年金相談、社会保険手続きなどの社会保障の専門としてお金をもらっていきます。

社会保障制度が複雑になればなるほど社労士の需要は増えます。

税理士でも、税理士業務に付随して社会保険労務士業務を行う事ができますが、「提出代行・事務代理は付随業務ではない。」という決定がされています。

税理士業務と社労士業務は、重なる部分が多くあります。
なので、付随業務の範囲で業務を行っている税理士さんがほとんどのようです。

社会保険労務士資格があれば、本来の業務が全てできるのがメリットです。


スポンサードリンク

今後の予定?
登録しないと税理士にはなれません。
税理士名簿への登録の手順
実務経験はどうする?
開業するのか、就職するのか?

ダブルライセンスをねらう?
税理士と相性のよい資格〔行政書士〕
税理士と相性のよい資格〔社会保険労務士〕
税理士と相性のよい資格〔ファイナンシャルプランナー〕

Copyright (c) 2005-2008 はじめて学ぶ資格試験 All Rights Reserved. プライバシーポリシー