税理士受験の学習スタイルは独学、通信、通学?
税理士試験 資格|はじめて学ぶ税理士試験 税理士試験・資格の初心者ガイド
税理士資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ税理士試験で!
ホーム > 税理士試験の学習をはじめよう > 学習スタイルは独学、通信、通学?

独学は厳しい

税理士試験を独学で受験する人は稀だと思いますが、教材もでているのでやる気なら独学での挑戦もできます。

独学のメリットは、「コストが安い、自由な学習方法、時間に縛られない」といったとこでしょうか。
日商簿記1級レベルの知識があって、すでに会計事務所や税理士事務所で実務経験がある人ならば独学でもよいのかもしれませんが、初学者がお金がないからといって独学で勉強するのはリスクが高いかなと思います。

独学では短期合格は難しく長期計画になると思います。しかも、最新の情報も自分で時間を掛けて収集しなければなりません。合格できなかった時の学習時間のリスクを考えると、税理士受験は予備校の通信教育(講座)か通学講座を選択するのが無難だと思います。

通信教育(講座)か通学を選ぶ

合格率が高いのが通学なのは間違いありません。

通学のデメリットは「お金が高いこと」、そしてなによりもスケジュールが厳しいことがあります。
通学の場合は超ハードスケジュールで、毎日税理士試験学習漬けになります。

しかし、その分短期での合格が狙えます。

仕事をしていなくて、短期間で合格を目指したい人は通学を選ぶとよいと思います。

逆に会計事務所や税理士事務所で実務経験を積みながら、ゆっくり学習していくという人は、通信教育(講座)が合っていると思います。


スポンサードリンク

税理士試験合格へ向けてスタート!
税理士試験を受験する目的を明確に
税理士受験の学習スタイルは独学、通信、通学?
何年での合格を目指すか?
最初に受験する科目を決める。

受験科目を選ぼう!
合格後の進路から科目を考える。
ボリュームの少ない科目が合格しやすいわけではない。
必須選択科目どちらを選ぶ?
よくある科目の組み合わせ方

Copyright (c) 2005-2008 はじめて学ぶ資格試験 All Rights Reserved. プライバシーポリシー