学習プランを決める
税理士試験 資格|はじめて学ぶ税理士試験 税理士試験・資格の初心者ガイド
税理士資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ税理士試験で!
ホーム > 税理士試験の学習をはじめよう > 何年での合格を目指すか?

合格した科目は一生有効

税理士試験は合計5科目を合格すれば、資格を取得できます。
しかも、試験科目は一度合格すれば一生有効なので、年に1科目ずつ勉強していくという方法も可能です。

そのため、税理士試験の学習プランはそれぞれの生活環境により差がでます。

何年で税理士試験5科目を目指す?

学習期間は大体、2年間〜4年間というのが一般的です。
最低でも2年間は必要だといわれています。

例えば、2年で合格を目指す場合は、1年目に「簿記論」「財務諸表論」と「選択科目」で3科目。
2年目に「所得税法か法人税法」と「選択科目」で2科目合格を目指すなどのプランが考えられます。

でも、受験に専念できる人でないと2年での合格は時間的に厳しいです。
サラリーマンなど仕事している人は、3年、4年でのプランが余裕を持ててよいと思います。

5年、6年プラン(10年プランでも)も可能ですが、あまり長い期間だと、やる気がもたないかもしれません。


スポンサードリンク

税理士試験合格へ向けてスタート!
税理士試験を受験する目的を明確に
税理士受験の学習スタイルは独学、通信、通学?
何年での合格を目指すか?
最初に受験する科目を決める。

受験科目を選ぼう!
合格後の進路から科目を考える。
ボリュームの少ない科目が合格しやすいわけではない。
必須選択科目どちらを選ぶ?
よくある科目の組み合わせ方

Copyright (c) 2005-2008 はじめて学ぶ資格試験 All Rights Reserved. プライバシーポリシー