簿記論から学習するのがスタンダード
税理士試験 資格|はじめて学ぶ税理士試験 税理士試験・資格の初心者ガイド
税理士資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ税理士試験で!
ホーム > 税理士試験の学習をはじめよう > 最初に受験する科目を決める。

簿記論から始めるのが基本

最初は「簿記論」からスタートするのが基本のパターンです。
2科目なら関連性が一番高い「財務諸表論」を合わせるのが効率的です。

簿記論は税理士の基礎ですし、ほとんどの科目に関連してきます。
特殊な事情がない限り簿記論から始めるのがベターだと思います。

簿記論以外から始めるパターン

簿記論以外から始める場合があるとすれば、もう試験日が近く、「簿記論」を勉強する時間がない時です。

とりあえず、今年中に1科目でも合格しておきたいけど、簿記論を勉強する時間がない!
って時は、「酒税法」や「国税徴収法」などのボリュームの少ない選択科目を選ぶ方法もあります。

「酒税法」「国税徴収法」などは簿記の知識が必要ないので、税理士試験を受けたいけど時間がない人にはオススメです。


スポンサードリンク

税理士試験合格へ向けてスタート!
税理士試験を受験する目的を明確に
税理士受験の学習スタイルは独学、通信、通学?
何年での合格を目指すか?
最初に受験する科目を決める。

受験科目を選ぼう!
合格後の進路から科目を考える。
ボリュームの少ない科目が合格しやすいわけではない。
必須選択科目どちらを選ぶ?
よくある科目の組み合わせ方

Copyright (c) 2005-2008 はじめて学ぶ資格試験 All Rights Reserved. プライバシーポリシー