必須選択科目どちらを選ぶ?
税理士試験 資格|はじめて学ぶ税理士試験 税理士試験・資格の初心者ガイド
税理士資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ税理士試験で!
ホーム > 税理士試験の学習をはじめよう > 必須選択科目どちらを選ぶ?

人気があるのは法人税法

税理士試験の必須選択科目は「法人税法」と「所得税法」。
最低どちらか一方を受験しなければなりません。
どちらもボリュームたっぷりの科目です。

近年の合格率を見た場合は、所得税法の方が合格率が高いようです。
「所得税法」の方が、直接自分に当てはめる事ができるので理解しやすいのかもしれません。

人気度では「法人税法」の方が圧倒的に人気です。

実務では、どちらも同じぐらい重要なのですが、ボリュームが多いのでほとんどの人がどちらか一方を選択するようです。

実務重視で学習時間があるのなら、仕事ではどちらの知識も必須なので両方選択するのが良いかと思います。


スポンサードリンク

税理士試験合格へ向けてスタート!
税理士試験を受験する目的を明確に
税理士受験の学習スタイルは独学、通信、通学?
何年での合格を目指すか?
最初に受験する科目を決める。

受験科目を選ぼう!
合格後の進路から科目を考える。
ボリュームの少ない科目が合格しやすいわけではない。
必須選択科目どちらを選ぶ?
よくある科目の組み合わせ方

Copyright (c) 2005-2008 はじめて学ぶ資格試験 All Rights Reserved. プライバシーポリシー