国税徴収法の概要をチェック!
税理士試験 資格|はじめて学ぶ税理士試験 税理士試験・資格の初心者ガイド
税理士資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ税理士試験で!
ホーム > 税理士試験のしくみ > 国税徴収法|税理士試験

国税徴収法とは?

税金が払えない、滞納してしまっている!

そのような場合の税金の徴収方法を規定している法律です。
財産の差し押さえや換価方法などを学びます。

他の科目と比べると特殊な分野です。

国税徴収法の出題傾向

国税徴収法では、大問が2題出題されます。
基本的にほとんど理論問題が出題されます。

ボリュームが少なく、簿記の知識も必要ない、計算問題がない。
という珍しい科目です。

計算問題をあまりしたくない人には良いかもしれません。

理論問題 100%

過去の税理士試験結果「国税徴収法」

  受験者数 合格者数 合格率
平成14年度 1,402 159 11.3
平成15年度 1,447 159 11.0
平成16年度 1,535 138 9.0
平成17年度 1,385 126 9.1
平成18年度 1,284 125 9.7

 


スポンサードリンク

税理士試験の内容
税理士試験の概要
受験資格について
税理士試験は科目選択制!

試験科目の概要と傾向
必須科目
簿記論
財務諸表論
選択必須科目
所得税法
法人税法
選択科目
相続税法
消費税法
酒税法
国税徴収法
住民税
事業税
固定資産税

Copyright (c) 2005-2008 はじめて学ぶ資格試験 All Rights Reserved. プライバシーポリシー