税理士試験の受験資格について
税理士試験 資格|はじめて学ぶ税理士試験

税税理士の受験資格

税理士資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ税理士試験で!
ホーム > 税理士試験のしくみ > 受験資格について|税理士試験

受験資格は4種類

税理士の受験資格は次の4種類あります。

1)学識
大学、専修学校卒業(法律学・経済学を履修)など
2)資格
日商簿記1級・全経簿記上級合格など
3)職歴
会計に関する業務に3年以上従事など
4)認定
国税審議会により受験資格に関して個別認定

次に各受験資格の詳細をみていきます。
条件は沢山あるので、すでに受験資格を満たしている人もいるかもしれません。

受験資格「学識」

1)大学又は短大を卒業
・法律学又は経済学を主たる履修科目とする学部(法学部経済学部商学部経営学部)・学校を卒業した者
・上記以外の学部(文学部、工学部など)・学校を卒業した者で、一般教育科目等において、法律学又は経済学に属する科目を1科目以上履修した者

2)大学3年次以上の学生
法律学又は経済学に属する科目を含め62単位以上を取得した者
法律学又は経済学に属する科目を含め36単位以上を取得した者(ただし、外国語及び保健体育科目を除き、最低24単位の一般教育科目が必要)

3)専修学校の専門課程を修了
修業年限が2年以上かつ
・課程の修了に必要な総授業数が1,700時間以上。を修了した者等で、これらの専修学校等において法律学又は経済学に属する科目を1科目以上履修した者

4)司法試験第二次試験合格者

受験資格「資格」

1)日本商工会議所主催簿記検定試験1級合格者
2)(社)全国経理学校協会主催簿記能力検定試験上級合格者
3)会計士補
4)会計士補となる資格を有する者

受験資格「職歴」

1)会計に関わる事務又は業務に3年以上従事した者
・弁理士・司法書士・行政書士・社会保険労務士・不動産鑑定士等の業務
・法人又は事業を営む個人の会計に関する事務
・税理士・弁護士・公認会計士等の業務の補助の事務
・税務官公署における事務又はその他の官公署における国税若しくは地方税に関する事務

受験資格「認定」

1)国税審議会により受験資格に関して個別認定を受けた者

以上の4つが受験資格です。
証明書などの細かい部分は、税理士試験情報〔国税庁〕で確認できます。


スポンサードリンク

税理士試験の内容
税理士試験の概要
受験資格について
税理士試験は科目選択制!

試験科目の概要と傾向
必須科目
簿記論
財務諸表論
選択必須科目
所得税法
法人税法
選択科目
相続税法
消費税法
酒税法
国税徴収法
住民税
事業税
固定資産税

Copyright (c) 2005-2008 はじめて学ぶ資格試験 All Rights Reserved. プライバシーポリシー