資格をとるためか、将来の実務のためか
税理士試験 資格|はじめて学ぶ税理士試験 税理士試験・資格の初心者ガイド
税理士資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ税理士試験で!
ホーム > 税理士試験のしくみ > 税理士資格試験は科目選択制!

11科目のうち5科目に合格すればよい

税理士試験の特徴として、全11科目の試験科目のうち5科目合格すれば税理士試験に合格できます。

試験科目のうち「簿記論」「財務諸表論」は必須科目なので、必ず勉強しなければなりませんが、他は選択科目となっているので、自分の得意なものを選択する事も可能です。

しかも、1科目合格すればその科目は一生有効なので、同時に5科目合格する必要はありません。毎年1科目合格して、5年かけても良いのです。期間は関係なく5科目合格すればよいのが税理士試験の特徴です。

会計科目 簿記論 必須科目 2科目必須
財務諸表論
税法科目 所得税法 選択必須科目 どちらか1科目、または両方選択してもよい
法人税法
相続税法 選択科目 ・選択必須科目を1科目選択した場合は2科目
・選択必須科目を2科目選択した場合は1科目
消費税法
酒税法
国税徴収法
固定資産税
事業税
住民税

※計5科目合格で、税理士試験合格となる。


スポンサードリンク

税理士試験の内容
税理士試験の概要
受験資格について
税理士試験は科目選択制!

試験科目の概要と傾向
必須科目
簿記論
財務諸表論
選択必須科目
所得税法
法人税法
選択科目
相続税法
消費税法
酒税法
国税徴収法
住民税
事業税
固定資産税

Copyright (c) 2005-2008 はじめて学ぶ資格試験 All Rights Reserved. プライバシーポリシー